BlackBerryKEY2を買わない理由

愛用しているBlackBerryPrivがもう2年過ぎて、電池のヘタりを感じまくっている今日この頃です。

電池は大した事をしなければ1日もつんですが、ゲームやら重めのアプリを動作させるとガクっと減るようになってきた気がします。

電池は3年程度が寿命らしいですから、そろそろ買い替えの時期なんだと思います。

そんな絶好の買い替え時なんですが、愛用しているPRIVの後継機種は出ないようなので、どうしたものかと悩み中。

 

BlackBerryPRIVの後継機種は今後も無いのか?

PRIVの大画面でありながらも物理キーボードが使える点がとても気に入っていました。

今後PRIVの後継機種は本当にでないのか気になるところですが、2015年11月の販売開始から3年経っても、後継機種の情報は一切でていないので、

おそらく、後継機種がでる事はないと思います。

PRIVはあまり売れなかったので終了、そして、その後のKeyoneの方が反応が良かったという事なんでしょう。

PRIVの大画面でスライド式の物理キーボード、とても使い勝手が良いんですがね。

背面に指紋センサーとハードの全体的なスペックアップ、外観の質感を向上させたPRIVの後継機種を出してくれたら間違いなく「買い」なんですが。

まぁ、トヨタのRAV4みたいに数年後に復活する可能性はありますよね・・・ないかw。

 

GalaxyNote8に触れて、他のスマートフォンをメインにしてみたくなった

店頭でNote8を触ってみて、内包されているオリジナルアプリの利便性や、処理速度、カメラなどをひと通りかるく操作してみただけでも、かなり良かったです。

レスポンスや画面表示、カメラなどかなりの高性能。

特にSペンは面白い。

子供と絵を書いてみたり、字を教えたり、マルバツで遊んでみたり、メモ以外にも使い方次第で楽しめます。

ペンがついてて防水なのも素晴らしい。

防水はやっぱりあった方が安心です。

そしてこの時、ソフトウェアキーボードでの入力でも全然いけるなぁと気づきました。

さすがに筐体は大きいですが、どうせ大きいならこれくらい大きい方が動画視聴やゲームにも活躍してくれますし、他メーカーのスマホもアリだなと思いました。

使用やスペックはこちら→公式サイト-GalaxyNote8

次期モデルの9が発売間近ですが、価格がこなれてきて買いやすくなっているNote8かS8が狙い目です。

エクスパンシス

 

BlackBerryKEY2の大きな筐体

私の場合、日常生活ではメール返信や、フリマアプリ、LINE程度でソフトウェアキーボードでも十分です。

しかし、ソフトウェアキーボードではメールやLINEですら誤入力が増えて若干ストレスになるので、今まで物理キーボード端末を使ってきました。

が、スマホが年々大型になっているので、ソフトウェアキーボードのローマ字入力でも全然いけます。

PRIVのソフトウェアキーボードでPRIVのメモアプリで「あいうえお」「かきくけこ」と「な行」まで物理キーボードを入力する速さと同じ速さでローマ字入力してみましたが、

1~2つくらいはミスタイプしてしまいますが、2、3回繰り返すとノーミスでいけます。(まぁ、これは個人差ありますね)

打鍵感が無いだけで慣れれば問題なさそうな感じです。

やはり、小さい筐体だからこそ物理キーボードで正確に入力できるメリットが大きいんじゃないでしょうか。

ディスプレイが大きくなってくると、ソフトウェアキーボードでも入力が楽になってきます。

確かに物理キーボードなら入力前のポジションが安定しますし、打鍵感があって入力しやすいんですが、ディスプレイの大型化によってそのアドバンテージが薄れてる気がしています。

かつてのBlackBerryBold9900は非常に小さく、薄く胸ポケットにも軽々入ってました。

この小さな筐体だからこそ、物理キーボードを指で感じ、正確に入力できる事に価値があったのではないでしょうか。

4インチのiphone3gs を使っていた時、ディスプレイが狭くて、入力にとてもストレスを感じていました。

メッセージの送信ボタンもテキストボックスの直ぐ右に配置されてて、よく誤送信してました。

そんな時、BlackBerry端末と出会い、その物理キーボードの入力のし易さに衝撃をうけましたが、それは当時、iphoneが小さい(ディスプレイが小さい)が故に、

ソフトウェアキーボードで正確に入力できない事にストレスを感じていたからです。

しかし、現代の大きなディスプレイであれば、物理キーボードでなくともソフトウェアキーボードで正確に入力できてしまいます。

素直にそう感じました。

BlackBerryキーボード自体は指紋センサーやタッチセンサーによるスクロール、単語候補の選択など進化していますが、

日本語入力では本来の快適性を得られないのも残念です。

もちろん、BlackBerryの物理キーボードの使い心地は素晴らしいと思っていますし、PRIVも気に入っています。

PRIVは大型ですが、ディスプレイを犠牲にしておらず、物理キーと上手く共存できている点が素晴らしいと思います。

BlackBerryスマートフォンの理想は、人それぞれあると思いますが、私個人的には小型、軽量、物理キーなBlackBerryが好きなので、今回は見送り、一旦、別のスマホに乗り換えるつもりです。

単に、KEY2が大きいので、大きい筐体ならソフトウェアキーボードでも入力に支障がそれほどありませんし、他メーカーのスマホにしてみようという結論に至りました。

 

KEY2はKeyoneを正当進化させた良い端末

KEY2は見送りますが、KEY2が嫌なわけではありません。

物理キーボードに占有されている為、ディスプレイが小さいですが、それを補って余りあるキーボード性能になっていると思います。

外観のデザインはKeyoneよりかなり向上しています。

特にディスプレイ上部の出っ張りが無くなりフラットになっているのがいい。

物理キーボードもマット仕上げになり、入力も格段に良くなっているとの事ですが、9900のキーボードを研究してKEY2に活かしているそうです。

またスピードキーなる新しいキーにより、どの画面からでもキーボードショートカットが使えるようになっています。(細かい内容は下の動画を参照。)

筐体サイズはちょっと大きくなってますが、全体的に高級感があって良いです。

スペックも十分だと思います。公式サイト-BlackBerryKEY2

EXPANSYSで79,240円で販売してますね。ちょっと値段が高いですが、国内だともっと高くなると思います。

これでQ10 とは言わないまでも、Classicの大きさのモデルも出してくれたらなと。KEY2コンパクトとか。

エクスパンシス
再生→字幕オン→設定→字幕→自動翻訳→日本語
 
 
 

まとめ

愛用歴がもうすぐ2年半になるPRIVの電池の劣化を機に、買い替えを意識しだしたんですが、

2年半おなじスマホでずっと使ってきたせいか、店頭で色々と触ってみると、低価格スマホが凄い性能でビックリしましたね。

特にP20Liteはコスパ凄いです。

物理キーなしのスマホを選ぶとなると種類が多くて、選ぶのに時間が掛かります。

型落ちのNote8か、コスパのP20Liteか、無難にXperiaXZCか、定番のiPhoneにするか悩みますね。